渋谷消防団始式 団員への表彰

 1月12日、西原の消防学校で渋谷消防団始式がおこなわれた。この始式は、消防団が決意を新たに一層訓練に励み、地域住民の期待にこたえていこうと開かれているもの。同時に、始式では、消防団員の表彰がおこなわれる。永年奮闘している団員に対して消防総監から贈られる功績賞をはじめ、優良賞、救命講習普及活動功労表彰、防災訓練指導功労表彰などのほか、渋谷区長から永年勤続の団員への表彰がおこなわれる。今年の消防総監功績賞に笹塚の女性団員の坂巻洋子氏が選ばれ表彰された。彼女は、子育てしながら消防団活動に永年にわたって熱心に取り組んできた人。区長表彰の40年勤続功労者として笹塚、幡ヶ谷地域からは津田敏雄氏、30年勤続者として馬場孝夫氏、20年勤続者として玉置修一氏が表彰された。火事はもとより、地震や台風時には住民の安全を守るために奮闘する消防団員。仕事を持ちながらの活動に頭が下がる。私は少しでも消防団員の待遇がよくなるために力を尽くしたい。(苫)

ポルノ被害 渋谷が拠点に

 先日、性的搾取に私たちの世代で終止符を打つ――と活動しているPAPS・ぱっぷす「ポルノ被害と性暴力を考える会」の主要メンバーの女性たちと懇談し、いまだに渋谷区内で若者たちが路上などで勧誘され、その意に反してアダルトビデオなどに出演させられたという増えていることなどを教えられた。また、区内には40社以上のアダルトビデオ・プロダクションがあり、その点でも被害者をなくすため、渋谷区の果たす役割は大きいと指摘された。じっさい被害の若者たちは、渋谷駅周辺で声をかけられ、つきまとわれ、強引にアダルトビデオなどに出演させられ、人生を狂わされている。こんなことが渋谷を拠点に起きているのだ。渋谷区議会では3年前に「アダルトビデオ出演等の強要の防止及び被害者の救済に関する法整備を求める意見書」を議決し、政府に改善を求めた。しかし、実態は何ら改善されていない。改めて被害者をなくすために力を尽くさなければと痛感した。(苫)

第32回多喜二祭 2月16日なかのゼロ

 渋谷区の羽澤(現・広尾)のアジトで反戦・平和のために活動していた作家の小林多喜二が特高警察に逮捕され、拷問によって29歳の若さで虐殺された。その彼の生き方を顕彰し、私たちも戦争反対と人間の尊厳を求めてたたかっていこうと、毎年開かれている杉並・中野・渋谷多喜二祭。ことしは2月16日午後1時30分から、なかのゼロ小ホールで開かれる。32回目となる今年のメインの記念講演は平山知子弁護士。群馬県伊勢崎警察が講演に来た小林多喜二を不当に逮捕したことに抗議し奪還した父・菊池邦作氏が、その後、多喜二と同じように治安維持法で逮捕されたことを踏まえて、特高警察を告発する。また、生きづらい社会を変えようと若者たちと活動している雨宮処凛さんが多喜二の生き方や「蟹工船」などについて語り合う。憲法を歌うシンガーソングライター・きたがわてつさんも登場。市田忠義日本共産党副委員長・参議院議員が連帯のあいさつ。参加券(1500円)はトマ事務所に。(苫)


トマ議員の短編小説集『小樽の街と渋谷の街で』出版

 トマ議員が、折々にしたためてきた自伝的短編小説集『小樽の街と渋谷の街で』(文芸社刊 1500円+税)を出版しました。詳しくは文芸社HPをご覧ください。トマ事務所でも扱っています。


私の自己紹介

 苫(トマ) 孝二

  • 1950年 北海道白糠(しらぬか)郡白糠村の炭鉱で生まれる。小樽潮陵高校定時制卒業。

  • 渋谷区議8期。文教委員長、福祉保健委員長、自治権確立特別委員長、交通問題特別委員長歴任。

  • 日本民主主義文学会渋谷支部長、はたがや協立診療所理事。

  • 活動地域は幡ヶ谷1丁目と笹塚。
    事務所は十号坂商店街にあります。
    (笹塚3-19-5、電話3374-2546)
    お気軽にお立ち寄りください。

 

トマ区議の実績、人柄、政策を紹介するパンフレットです。画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。(pdf形式)