諸悪の根源 米軍基地

 アメリカ軍基地が設置されている沖縄、山口両県とアメリカ軍岩国基地と隣接する広島県で「まん延防止等重点措置」が適用される事態となった。これは年明け後1日当たり100万人もの新型コロナウイルス感染者が出ているアメリカ軍人と軍属に対し、日本に検疫権がないため、自由に出入りさせていることが感染爆発を起こしたのだ。実際、アメリカ軍発表では、1月6日までの日本にある基地の感染者は、三沢133人、横田85人、厚木88人、横須賀213人、キャンプ座間38人、岩国529人、佐世保49人、沖縄574人となっている。沖縄の場合、アメリカ軍人や軍属はマスクもつけず基地から外出し、飲んで騒いで勝手放題。そのため、1日当たり1500人を超える感染者が出ている。ドイツでは、アメリカ軍人・軍属に対する検疫権はドイツにある。こんな不平等な地位協定は許されない。アメリカ人は基地から出るな、という声にアメリカ軍は2週間の外出禁止を打ち出した。諸悪の根源の米軍基地は閉鎖、撤去すべきだ。(苫)

おもちゃ美術館 桧原村視察

 12月21日、渋谷区議会文教委員会の視察で奥多摩の桧原村に行った。目的は、同村につくられた渋谷区の「文化財コンテナ倉庫」の調査と区の桧原自然の家跡地に建てられたおもちゃ美術館の見学。「文化財コンテナ倉庫」は区内にあった文化財倉庫を平成28年(2016年)移転したとのこと。現在、3台のコンテナで、再開発によって出土した縄文時代の遺物が2624箱収められていた。桧原村から購入した区の所有地であるが、人里離れた場所での出土品・文化財の保存。先人たちの暮らしを伝える貴重な遺産をこの場所に眠らせていいのだろうか。活用方法に知恵を絞らなければ、と痛感した。おもちゃ美術館は、11月にオープン。すべて杉などの木材でつくられており心が安らぐ建物だった。対象は就学前の幼児と保護者。私たちが訪れた11時過ぎには多くの親子が来ていて、木でつくられたおもちゃを手に遊んでいた。全国で8カ所目の開設。木材で町を発展させようという意気込みが伝わってきた。(苫)


トマ議員の短編小説集『小樽の街と渋谷の街で』出版

 トマ議員が、折々にしたためてきた自伝的短編小説集『小樽の街と渋谷の街で』(文芸社刊 1500円+税)を出版しました。詳しくは文芸社HPをご覧ください。トマ事務所でも扱っています。


私の自己紹介

 苫(トマ) 孝二

  • 1950年 北海道白糠(しらぬか)郡白糠村の炭鉱で生まれる。小樽潮陵高校定時制卒業。

  • 渋谷区議8期。文教委員長、福祉保健委員長、自治権確立特別委員長、交通問題特別委員長歴任。

  • 日本民主主義文学会渋谷支部長、はたがや協立診療所理事。

  • 活動地域は幡ヶ谷1丁目と笹塚。
    事務所は十号坂商店街にあります。
    (笹塚3-19-5、電話6383-3219)
    お気軽にお立ち寄りください。

 

トマ区議の実績、人柄、政策を紹介するパンフレットです。画像をクリックすると、大きな画像でご覧いただけます。(pdf形式)